シルクエキスパートは痛い?対処法はある?

Pocket

AllClear55 / Pixabay

家庭用脱毛器にもいろいろな種類が増え、手軽に自分で脱毛できるようになりましたね。

その中でもブラウンのシルクエキスパートは高い人気があります。

知っているという方も多いのではないでしょうか。

でも実際に脱毛器を買う際に気になることはたくさんありますね。

価格はもちろん、照射できる場所だったり、痛みだったり人それぞれだと思います。

そこで今回はシルクエキスパートの痛みについて書きたいと思います。

これから買おうか迷っているという人も、今使っているという人もこの記事を読んで、

今後の参考にしていただければと思います。

シルクエキスパートの痛みはどれくらい?耐えられる?

シルクエキスパートは自宅で簡単に全身脱毛ができることや、効果が高いこと、安全なこと

など人気の理由がたくさんありそうです。

全ての箇所を脱毛できるわけではありませんが、ほとんど全身を脱毛することができます。

エステサロンと同じ方式の光美容器なので、サロンと同様の効果が期待できます。

そして、照射レベルが自動調整のため、自分で行っても最適な光を照射することができます。

よってやけどのリスクなども減らせます。

人気のシルクエキスパートですが、痛みが気になりますね。

痛みに弱い人、強い人がいるように痛みの感じ方というのはかなり個人差があります。

実際に使った人の中にも全然痛くなかったという人からすごく痛かったという人まで

様々です。

さらに使う箇所によっても違うようです。

デリケートゾーンや毛の濃いところは痛みを感じやすいです。

しかし、耐えられない痛みだったという人はいませんでした。

シルクエキスパートは光が自動調節なので、痛みを感じても照射レベルを下げる

ことはできません。

逆に肌の色が濃い場合強く照射したくても反応しなかったり、照射レベルが低かったり

します。

自動調整してくれるので安心ではありますが、裏目に出てしまう可能性があります。

シルクエキスパート使用時の痛みの対処法は?冷却が効果的!

シルクエキスパートは痛みが少ないとも言われています。

また、痛みより熱いという意見の方もいます。

どちらにしても痛みや熱いというのは不快ですね。

ここで痛みや熱さを押さえるポイントです。

保冷剤で冷却しながらやると痛みや熱さを押さえることができます。

少々痛いなというくらいの場所だったら、冷やすことでほとんど痛くなくなります。

デリケートゾーン(Vライン)は痛みを感じやすいですが、冷やすことで痛みが軽減され

楽に脱毛ができるようになります。

しっかりと冷やして脱毛することで、熱いと感じるのも少なくなります。

シルクエキスパートで痛みがあっても、続けられるならOK!

シルクエキスパートを使って痛みを感じても耐えれるかどうかです。

多分耐えがたい痛みを感じるかたは少ないと思います。

大事なのは続けられるかどうかです。

効果を実感するのには続けることが大事になります。

痛みもですが、手軽さ、自分でやるのが面倒ではないかなども重要になってきます。

自分でやり続けるのが面倒だったり、痛みが強くて続けれないという方はサロンでの脱毛を

考えてみるのも手かと思います。

プロがやってくれるので、自分でやるよりも照射漏れなども少なく効果も出やすいです。

サロンでも痛みを感じることはありますが、照射レベルを調節してくれたりします。

コースも含めて、自分に合わせた脱毛を行ってくれます。

その他にも気になることがあればアドバイスをくれたりと様々な利点があります。

サロンだと家庭用脱毛器に比べてお金がかかったり、時間が取られたりします。

人によって事情は異なります。

なので家庭用脱毛器かサロンか自分に合っているほうを選んでくださいね。

最後にオススメのサロンを紹介します。

まず創業35年で確かな実績があるエルセーヌです。

カウンセリング無料で乗り換え割りもあります。

エルセーヌ公式サイトはこちらから↓

次に安さが評判のミュゼプラチナムです。

キャンペーンなどで破格の値段で脱毛ができることがあります。

業界No.1の店舗数を誇っているので通いやすいです。

ミュゼプラチナムの公式サイトはこちらから↓

最後はエステティックTBCです。

終わりある脱毛ということで高い効果が期待できそうです。

他のサロンと違う脱毛方法もあるのが魅力です。

エステティックTBC公式サイトはこちらから↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする