妊娠中に脱毛はできる?気になる影響は?

Pocket

妊娠中っていろいろなことが大変で、不安も多くなりますね。

でも一つずつ解決して、幸せなマタニティライフを送りたいですね。

妊娠中のムダ毛処理も悩みの一つではないでしょうか。

肌が敏感になったり、体にいろいろな変化が起きます。

脱毛に通っていたけれど続けられるの?という疑問も多く聞かれます。

ぜひこの記事を読んで、あなたの悩みの解決の参考にしてください。

妊娠中も脱毛できる?何か影響はあるの?

多くのサロンでは妊娠中の脱毛を断られます。

光脱毛やレーザー脱毛を行っているところが多いですが、脱毛が赤ちゃんに影響を及ぼすから

ではないのです。

妊娠中はホルモンバランスがいつもと違う状態です。

体に多くの変化が見られます。

その一つにお肌も敏感になっています。

肌が敏感になっているということは、肌トラブルを起こす可能性が高くなっている

ということです。

また施術の際に同じ体制をとっているのがつらい場合があり、体に負担がかかります。

脱毛の時、独特なニオイがしますよね。

ニオイにも敏感になっているため、気分が悪くなる可能性もあります。

このように妊娠中は様々なリスクが伴います。

なので妊娠がわかった時点で、お手入れをお休みしましょう。

体のことを一番に考えて、元気に過ごしましょう。

妊娠中は脱毛できない!お手入れはどうすればいいの?

先ほども書きましたが、妊娠中は脱毛をお休みしなければなりません。

でもムダ毛は生えてくるので気になりますね。

そして妊娠するとホルモンのバランスが変化し、毛が普段よりも濃くなることがあります。

しかし、産後ゆっくりと元に戻っていくのであまり気にしないようにしましょう。

妊娠中は肌が敏感になっているため、自己処理も控えめにすると良いです。

とは言っても、ムダ毛って気になりますよね。

では妊娠中のムダ毛処理はどのようにしたらいいのでしょうか。

カミソリや毛抜き、除毛クリームなどは肌に大きな負担がかかります。

先ほども言ったように、肌が敏感になっているため肌トラブルが起こりやすいです。

できるだけ肌に負担をかけない方法で処理をしたいものです。

そこでオススメなのが電気シェーバーです。

毛の流れに沿って電気シェーバーを動かして、肌への負担をできるだけ少なくしましょう。

妊娠前の脱毛がオススメ!産前産後の負担を減らそう!

理想は妊娠前に脱毛が完了していることです。

妊娠中も大変なことが多く、産後は家事に育児と忙しい毎日が続きます。

ムダ毛の自己処理をする気力も体力も少なくなります。

でも容赦なくムダ毛は生えてくるんですよね。

大変な時期にムダ毛という余計な悩みはできるだけ避けたいですね。

なのでできれば妊娠前に脱毛をしておくことをオススメします。

彼氏ができた、結婚が決まった、結婚式が終わってからなど、何かのタイミングでぜひ

脱毛を始めてみてはいかがでしょうか。

何回も通わなければいけないので、できれば早く始めると良いです。

最後にオススメのサロンを紹介します。

まずは創業35年の実績があるエルセーヌです。

無料カウンセリングやパッチテストもあります。

エルセーヌ公式ホームページはこちら↓

次は『終わりのある脱毛』をうたっているエステティックTBCです。

TBCスーパー脱毛は一度処理したらもう生えてこないというすごい脱毛です。

こちらも無料のカウンセリングがあります。

エステティックTBC公式ホームページはこちら↓



最後は業界No.1の店舗数と安さが評判のミュゼプラチナムです。

ご存知の方も多いと思います。

キャンペーンなどでは破格の値段で脱毛を行えるので、人気があります。

ミュゼプラチナム公式ホームページはこちら↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする