脱毛で埋没毛を防ぐ!自己処理をやめてツルツルお肌を手に入れよう!

Pocket

埋没毛をご存知でしょうか。

なったことがあるという人も多いと思います。

埋没毛とは皮膚の下に毛が埋もれてしまっていることです。

これは毛の自己処理によって引き起こされます。

埋没毛が原因で毛嚢炎になることもあります。

脱毛することでリスクを回避して、ツルツルの肌を目指しませんか。

脱毛で埋没毛のリスクを回避!自己処理と埋没毛の関係

埋没毛の原因の一つとして、自己処理が上げられます。

なので脱毛をすれば自己処理をしなくてもよくなります。

つまり脱毛することで埋没毛のリスクを避けることができます。

自己処理による埋没毛のリスクはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、カミソリは毛を剃るのと同時に肌の一部を削ってしまっています。

削られたことにより皮膚の表面が傷つき、かさぶたができて毛穴をふさいでしまいます。

そしてピンセットによる毛抜きや、脱毛ワックスはどちらも無理に毛を引っ張ります。

毛根に傷ができることで防御機能が働き、毛穴が塞がれます。

毛穴が塞がれると毛が出れないので、結果埋没毛になってしまいます。

脱毛は肌に優しい方法なので、傷が付きにくいです。

傷がつかないことで毛穴が塞がれることもなくなり、埋没毛のリスクを避けることが

できます。

埋没毛は脱毛できる?埋没毛への脱毛効果は?

埋没毛があっても脱毛できるのか気になりますね。

埋没毛があっても炎症を起こしていなければレーザーや光を照射することができます。

埋没毛によるものではなくても、肌に炎症がある場合は脱毛ができないので

気をつけましょう。

脱毛は本来、毛が表面に出ている状態で行って効果が得られます。

埋もれている状態では十分な効果を得ることは難しいです。

またレーザーの場合、強い刺激を与えることになるため、炎症を起こしたり

毛嚢炎なるリスクもあります。

サロンでは肌への負担が少ない脱毛のため、炎症などが起こるリスクは低いです。

しかしこちらも脱毛効果を十分に得ることは難しいです。

肌のターンオーバーで皮膚の上に出てきてから脱毛を行うことで、次に埋没毛になるのを

防ぐことはできます。

脱毛で埋没毛は改善される?埋没毛の原因を減らそう!

AllClear55 / Pixabay

脱毛することで埋没毛が改善されるというよりかは、埋没毛の原因を減らすという感じです。

先ほども書きましたが、埋もれている状態では十分な脱毛効果を得ることはできず、

レーザーなどで逆に炎症のリスクになってしまうこともあります。

しかし脱毛することで自己処理の回数が減ったり、やめたりすることができます。

自己処理をやめることで肌への負担が少なくなり、埋没毛になるリスクを減らす事が

できます。

ターンオーバーによって表面に出てきた埋没毛も、脱毛が完了すれば再び埋没毛になることは

ありません。

脱毛をして埋没毛の原因を減らし、ツルツルの肌を手に入れませんか。

最後にオススメのサロンを紹介します。

まずは安さが評判のミュゼプラチナムです。

店舗数は業界No.1なので、きっとあなたの家からも通える店舗が見つかると思います。

ミュゼプラチナム公式HPはこちら↓



次は終わりある脱毛のエステティックTBCです。

他のサロンではない方法で脱毛ができるので、効果が期待できます。

エステティックTBCの公式HPはこちら↓

最後に創業35年、確かな実績のあるエルセーヌです。

カウンセリングは無料なので、どんなお店なのか試しに行ってみるのも良いです。

エルセーヌ公式HPはこちら↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする