毛抜きによる脱毛はリスクが大きい!肌トラブルの原因にも!

Pocket

毛抜きによる脱毛は手軽にできるし、コストパフォーマンスも良いですね。

抜いたらすぐに毛がなくなりきれいになります。

しかし肌への負担はとても大きいです。

できれば毛抜きでの脱毛は控えたいものです。

また毛抜きをするのなら少しでも負担を減らせるようにするべきです。

ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

毛抜きによる脱毛のリスク!自己処理に気抜きはNG!

毛抜きによる脱毛は手軽にできますが、リスクをご存知ですか?

最近は毛抜きタイプの家庭用脱毛器もあり、簡単で便利で早くキレイにできますね。

使っている方も多いのではないでしょうか。

しかし無理やり引っ張って抜くのは、肌へのダメージが大きいです。

肌トラブルを起こしてしまう可能性もあり、埋没毛になるリスクもあります。

また、無理に引き抜いたことで傷がついてしまい雑菌が入り炎症が起こってしまうと

毛嚢炎という深刻なトラブルになってしまうこともあります。

他にも色素沈着など様々なリスクが考えられます。

トラブルを避けるためにも毛抜きでの自己処理はやめましょう。

脱毛に行く前に毛抜きで処理してもいい?毛抜きをすると効果なし!?

脱毛前にしていくことの一つに自己処理があります。

脱毛前の自己処理に毛抜きを使うことはよくありません。

それは毛を抜いたところは効果がなくなってしまうからです。

脱毛は毛が生えている状態で光やレーザーを照射して効果が得られます。

毛根にダメージを与えています。

毛を抜くことで毛根は一緒に抜けてしまいます。

なので毛抜きをしたところは効果が得られないのです。

万が一脱毛する前に毛抜きをしてしまったという人は、脱毛の予定を延期してもらうことも

検討したほうが良いです。

そのままお手入れを受けても効果は少ないですし、毛抜きによって毛穴が傷ついている

場合があります。

傷ついているところが刺激を受けると肌トラブルを起こしてしまうこともあるので、

できるなら延期したほうがいいです。

しかし何度も延期やキャンセルをするのは良くないことなので、せめて脱毛している期間は

毛抜きによる処理をしないでおきましょう。

オススメは肌に優しい電気シェーバーを使った自己処理です。

どうしても毛抜きで脱毛したい!そんなときは最大限負担を減らして

毛抜きによる脱毛は即効性があり、抜いたその場でキレイになるというメリットがあります。

毛抜きをやめられない人や毛抜きをどうしてもしたい時にリスクを減らす方法を紹介します。

まずは毛抜きをする部分を清潔にしてください。

そして肌を温めて皮膚が柔らかくなり、毛穴が開いた状態でやってください。

お風呂に入ったり、蒸しタオルで温めるのがオススメです。

毛を抜く際は、必ず毛が生えている方向に向かって抜きましょう。

無理に引っ張ることもやめてくださいね。

逆方向に抜いたり、無理に引っ張ると皮膚や毛穴を傷つけてしまうことがあります。

毛穴の傷が原因で埋没毛になってしまうこともあるので注意しましょう。

毛抜きをした後はアフターケアをしっかりと行いましょう。

ダメージを受けている状態なので、まずは保冷剤や濡れタオルでクールダウンをします。

これだけでだいぶ炎症や肌トラブルのリスクを減らす事ができます。

しっかりと冷やした後は、いつも以上に保湿をしてください。

抜いた日だけではなく、数日間はしっかりと保湿したほうがお肌のためです。

最後にオススメのサロンを紹介します。

まずは安さが評判のミュゼプラチナムです。

店舗数は業界No.1なので、きっとあなたの家からも通える店舗が見つかると思います。

ミュゼプラチナム公式HPはこちら↓


次は終わりある脱毛のエステティックTBCです。

他のサロンではない方法で脱毛ができるので、効果が期待できます。

エステティックTBCの公式HPはこちら↓




最後に創業35年、確かな実績のあるエルセーヌです。

カウンセリングは無料なので、どんなお店なのか試しに行ってみるのも良いです。

エルセーヌ公式HPはこちら↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする