脱毛後に赤みが出るのはなぜ?原因と対策は?

Pocket

脱毛後に赤みが出ると焦りますね。

さらに痛みやかゆみなどが出るとかなり不安になります。

実は脱毛後に赤みが出るのは珍しいことではないようです。

多くの人が経験しています。

では赤みが出たときはどのように対処したらよいのでしょうか。

この記事を読んで参考にしてみてください。

脱毛後に赤みが出るのはなぜ?原因や赤みが出やすい場所は?

脱毛後の赤みの原因はヤケドによる炎症です。

ヤケドと言っても軽度のものが多いです。

レーザー脱毛や光脱毛は体毛のメラニン色素に光が反応し、熱を発生させて発毛組織を破壊し

脱毛効果を得ます。

その際の熱によって肌がヤケドのような状態になります。

ヒリヒリとした痛みやかゆみが出たりします。

レーザー脱毛のほうが起こりやすいですが、光脱毛でも同じ症状が出ることがあります。

とくに肌が薄い部分、顔やVIOラインなどは赤みが出やすい傾向にあります。

脱毛後に赤みが出る可能性が高いのは?敏感肌の人は注意!

脱毛後に赤みが出る可能性が高いのがレーザー脱毛です。

レーザー脱毛は強い光を照射します。

なので脱毛の効果が早く得られたり、通う回数が少ないことがメリットとして挙げられます。

しかし強い光を当てるため、肌への負担は大きいです。

光脱毛はレーザー脱毛に比べて弱い光を照射します。

効果を得るのに時間がかかり、通う期間も長くはなりますが、肌への負担は少なく済みます。

また、敏感肌の人は赤みが出やすいです。

元から肌が刺激に弱いため、同じことをしても普通の人よりもダメージが大きいです。

お店の人に敏感肌であることを伝え、相談しながら脱毛をしてくださいね。

脱毛後の赤みの対処は?赤みを防ぐにはどうしたらいいのか?

脱毛後に赤みが出ることは珍しいことではなく、ほとんどの場合1週間程度で引きます。

しかし長引く場合や、炎症がひどい場合にはサロンや病院に相談しましょう。

早めの対処が有効です。

赤みを起こさないために気をつけることも大事です。

脱毛後はしっかりとアフターケアを行いましょう。

脱毛当日はシャワーだけで済ませましょう。

湯舟につかることで体温が上昇し、炎症やかゆみを起こすこともあります。

火照りがある場合には保冷剤や冷やしたタオルでクールダウンをすると良いです。

また、日焼けにも注意が必要です。

脱毛でダメージを受けた肌は少しの紫外線でも刺激となります。

炎症を引き起こすこともあるので、しっかりと紫外線対策をしてください。

最後に大事なのが保湿です。

脱毛により肌の水分が奪われ乾燥しがちになり、肌のバリア機能が低下してしまいます。

いつもよりも念入りに保湿することが大事です。

最後にオススメのサロンを紹介します。

まずは創業35年の実績があるエルセーヌです。

無料カウンセリングやパッチテストもあります。

エルセーヌ公式ホームページはこちら↓



次は『終わりのある脱毛』をうたっているエステティックTBCです。

TBCスーパー脱毛は一度処理したらもう生えてこないというすごい脱毛です。

こちらも無料のカウンセリングがあります。

さらに初めての方限定のキャンペーンで、通常よりかなり安く体験をすることができます。

ぜひ無料カウンセリングや体験に行ってみてください。

エステティックTBC公式ホームページはこちら↓



最後は業界No.1の店舗数と安さが評判のミュゼプラチナムです。

ご存知の方も多いと思います。

キャンペーンなどでは破格の値段で脱毛を行えるので、人気があります。

こちらも無料のカウンセリングがあります。

そして店舗数が多いので通いやすいです。

ミュゼプラチナム公式ホームページはこちら↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする