脱毛ジェルはなぜ使うの?使わないのと使うので効果に違いは?

Pocket

脱毛をしたことがある人や、脱毛について調べたことがある人は、ジェルを使うことを

知っているかと思います。

でも、全てのお店がジェルを使用しているわけではありません。

なぜジェルを使用しているところと使用しないところがあるのでしょうか。

効果に差があるのかも気になるところですね。

この記事を読んで参考にしてみてください。

脱毛するときにジェルを塗るのはなぜ?塗らないとダメ?

多くのお店では、脱毛するときにジェルが使われています。

あのジェルのひんやり感が苦手…という人も多くいます。

特に冬場や全身脱毛の際は、体が冷えて辛い人もいますね。

でもジェルを塗るのには意味があるのです。

まずは肌の保護をしてくれます。

光を照射することは、肌にとって刺激となります。

ジェルを塗ることによって、その刺激を緩和してくれます。

ヤケド防止のために塗っているのもあります。

この場合は冷却効果が高いジェルを使っているため、より冷たく感じます。

また、お店によって違いますが、ジェルには美容成分が含まれています。

なので美肌効果にも期待ができます。

肌トラブルの防止にもなります。

他にも、安定した光を届けるためや毛の焼けるニオイが軽減されるなど

様々な働きをしています。

しかし、必ずしも塗らないといけないということではありません。

ジェルを使用しているお店もあれば、ジェルを使用していないお店もあります。

気になる場合はお店に聞いてみてくださいね。

脱毛ジェルを塗るメリット、デメリットは?どっちがいいの?

脱毛ジェルを塗っても塗らなくても効果は得られます。

脱毛ジェルを塗らないサロンでは、保冷剤を当ててから照射を行っているところもあります。

また、冷却装置が付いている脱毛器を使用している場合もあります。

ジェルを塗らないサロンのメリットとしては、

・冷却ジェルのひんやり感がない

・塗る時間がいらないため、施術時間が短縮される

デメリットは、

・美容効果が得られない

ことが挙げられます。

ジェルを塗るサロンのメリットは、

・美容成分入りのジェルを使用することで美肌効果が期待できる

・肌を保護してくれるため刺激が少なくて済む

デメリットは、

・冷却ジェルの場合、かなり冷たくて身体が冷える

ことが挙げられます。

どちらでも効果は得られるので、良し悪しを決めることは難しいです。

ジェルのひんやり感が苦手な人、気にならない人。

時間がないから少しでも早くしたい人、せっかくサロンに来たから美肌効果も得たいし、

やってもらっている感じや癒しを求めたい人。

人によって求めるものは違って様々です。

大事なのは脱毛方法やお店の雰囲気、スタッフの対応も含め、自分が納得して通えるかです。

無料のカウンセリングをやっているところもたくさんありますので、一度行ってみては

いかがでしょうか。

最後にオススメの脱毛サロンを紹介します。

まずは創業35年の実績があるエルセーヌです。

カウンセリングは無料なので、一度悩みを相談しに行くという感じで気軽に行ってみるのも

良いかと思います。

エルセーヌ公式ホームページはこちら↓


次は『終わりのある脱毛』をうたっているエステティックTBCです。

他のサロンとは違う脱毛方法なので、今通っているけど効果がいまいちという人にも

オススメのサロンです。

エステティックTBC公式ホームページはこちら↓

最後は業界No.1の店舗数と安さが評判のミュゼプラチナムです。

きっとあなたの家からも通えるところに店舗がありますよ。

キャンペーンなどで破格の値段で脱毛することができる場合があるのが嬉しいです。

ミュゼプラチナム公式ホームページはこちら↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする