脱毛前の処理はどうするの?注意する点は?

Pocket

多くのサロンでは脱毛前に自己処理をしていく必要があります。

しかし、間違った方法で行うと肌を傷つけてしまうことがあります。

場合によってはお手入れができなくなることもあります。

なので脱毛前の処理は気をつけなければいけません。

注意する点やどうやればいいかをまとめました。

この記事があなたのお役に立てればと思います。

脱毛前に自己処理が必要なのはなぜ?いつやるの?

多くのサロンで脱毛前に自己処理をしてくるように言われます。

初めは脱毛に行くのになぜだろうと思うかもしれません。

でも、自己処理をしていくのはリスク回避などの面でも大事なことです。

毛が伸びたままだと何がいけないのかと思いますね。

実は毛が伸びたままだとヤケドのリスクが高まります。

レーザーや光が過剰に反応してしまうためです。

本来は毛根だけにダメージを与えますが、肌にもダメージを与える恐れがあります。

肌にダメージが与えられると、肌トラブルの原因となってしまいます。

また、毛が長いままだと毛根まで熱が伝わらないこともあります。

そうなると脱毛効果を十分に得ることができません。

なので自己処理をしていくことは大切なことなのです。

そして、自己処理は前日までに済ませておくのがベストです。

肌トラブルを起こすかもしれないので、当日にやるのは避けましょう。

サロンによっていつまでにやるかが異なるので確認してくださいね。

脱毛前の処理は毛抜きNG!電気シェーバーがオススメ!

脱毛前の自己処理で毛抜きをするのはNGです。

ワックス脱毛などの毛抜きタイプもNGです。

毛抜きをしてしまうと脱毛の時に効果を得ることができなくなってしまいます。

また、多くの人がカミソリでの自己処理を行っています。

しかしこれも本当ならやらないほうが良いのです。

カミソリは毛と一緒に皮膚の一部を削ってしまい、肌を傷つけているのです。

カミソリで処理した後は乾燥しやすくなります。

乾燥していると脱毛効果が得られにくいです。

肌トラブルや乾燥がひどい場合にはお手入れ自体を断られることもあります。

自己処理をしたあとはしっかりと保湿をしてくださいね。

肌に優しい自己処理の方法としてオススメなのは電気シェーバーです。

脱毛に行く前に限らず、普段の自己処理から使うと肌のためにも良いですよ。

脱毛前の自己処理は剃り残しに注意!残りやすい場所は?

脱毛前の自己処理で注意してほしいのが、剃り残しです。

剃り残しやすい場所は、自分が見づらい後ろの部分や関節、くぼみがある部分です。

剃りにくい部分などは丁寧に行ってください。

剃り残しがあると、その部分を避けてお手入れをされたり、お手入れ自体を断られたりする

こともあります。

なので剃り残しには十分注意してください。

どうしても自分では脱毛するのが難しい部分などもあるかと思います。

でも無理に自己処理をすると傷つけてしまう場合があるので、お店に相談してみましょう。

シェービングを行ってくれるところもあります。

シェービング代がかかったり、シェービングをしてくれるかどうかはお店によって違うので、

詳しいことは直接お店に確認してみてくださいね。

最後にオススメのサロンを紹介します。

まずは創業35年の実績があるエルセーヌです。

カウンセリングは無料なので、一度悩みを相談しに行くという感じで気軽に行ってみるのも

良いかと思います。

エルセーヌ公式ホームページはこちら↓

次は『終わりのある脱毛』をうたっているエステティックTBCです。

他のサロンとは違う脱毛方法なので、今通っているけど効果がいまいちという人にも

オススメのサロンです。

エステティックTBC公式ホームページはこちら↓

最後は業界No.1の店舗数と安さが評判のミュゼプラチナムです。

きっとあなたの家からも通えるところに店舗がありますよ。

キャンペーンなどで破格の値段で脱毛することができる場合があるのが嬉しいです。

ミュゼプラチナム公式ホームページはこちら↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする