脱毛による副作用ってある?トラブルの対処方法は?

Pocket

脱毛による副作用とは、いわゆるトラブルのことです。

お店側は十分に気を付けてはくれますが、トラブルはゼロではありません。

どんな副作用があるのかを知っておくことが大事です。

また、副作用が起きないようにするにはどうするのか。

予防策を取ることも大事になります。

この記事があなたのお役に立てれば嬉しいです。

脱毛による副作用はある?起こり得るトラブルとは?

脱毛による副作用には様々なものがあります。

まずは、レーザー脱毛や光脱毛によるヤケドです。

レーザーや光が熱を発生させ、毛根にを与えることで脱毛効果を得ます。

その熱によってヤケドの状態になることがあります。

痛みや赤み、かゆみなどの症状が出ることがあり、皮膚が薄い部分や毛の濃い部分に

起きやすいです。

次に硬毛症です。

聞きなれないと思いますが、産毛などの細い毛が脱毛の刺激により濃くなる症状。

すぐに気づくことはなく、照射から数か月経ってから気づくことが多いです。

産毛の多い部分に起こりやすいです。

メラニン色素の少ない毛に十分にダメージを与えられず、中途半端に刺激を受けたことで、

毛が活性化してしまうためです。

そして、ニキビみたいなできものの毛嚢炎。

ダメージを受けた毛包にブドウ球菌が感染することなどで起こります。

皮脂腺の多い部分に起こりやすいです。

ニキビとの違いは、芯がなく、痛みやかゆみも起こりません。

自己処理の後もなりやすく、保湿などのケア不足も原因になることがあります。

脱毛による副作用があった時どうする?対処方法は?

まず副作用が確認できた場合、お店に連絡してください。

自分でできる対処をするのも悪くはありませんが、間違った対処法をしてしまうと

悪化する恐れもあります。

肌トラブルがひどい場合には、病院に行くことも考えてください。

でもクリニックで脱毛した場合には、そこで優先して対応してもらえるはずなので、

まずは施術を受けたクリニックに連絡してください。

肌トラブルを放置すると治るまでの期間が長引く恐れがあります。

場合によっては痕が残ってしまったりということもあります。

できるだけ早めに連絡をするのがいいです。

脱毛の副作用を起こさないために!予防できることは?

原因がわかれば予防することができますね。

では、脱毛で副作用が起きないようにできることがあるのでしょうか。

まずヤケドについて予防できることは、乾燥を防ぐことと日焼けをしないことです。

乾燥肌は皮膚に熱が伝わりやすいためヤケドを起こしやすくなります。

さらにレーザーや光を当てることで、肌の水分が奪われてしまい悪化することもあります。

普段から保湿を心掛けて、肌の状態を整えておくことが大事です。

また、日焼けをしてしまうと、皮膚のメラニン色素にも反応してしまい、ヤケドのリスクが

高まります。

脱毛期間中は紫外線対策をしっかりしましょう。

また、毛嚢炎は雑菌への感染などが原因となることがあります。

皮脂腺が多いところや、不衛生になりがちな場所にできやすい傾向があるので、肌を清潔に

保つことで予防することができます。

特に脱毛後は肌のバリア機能が低下しています。

些細なことでも肌トラブルの原因となってしまいます。

できることをやって、極力トラブルが起きないように予防しましょう。

トラブルが起きたときの対応がしっかりしているお店を選ぶことも重要となります。

無料カウンセリングなどを利用して、信頼できるお店を探してくださいね。

最後にオススメのサロンを紹介します。

まずは創業35年の実績があるエルセーヌです。

カウンセリングは無料なので、一度悩みを相談しに行くという感じで気軽に行ってみるのも

良いかと思います。

エルセーヌ公式ホームページはこちら↓

次は『終わりのある脱毛』をうたっているエステティックTBCです。

他のサロンとは違う脱毛方法なので、今通っているけど効果がいまいちという人にも

オススメのサロンです。

エステティックTBC公式ホームページはこちら↓


最後は業界No.1の店舗数と安さが評判のミュゼプラチナムです。

きっとあなたの家からも通えるところに店舗がありますよ。

キャンペーンなどで破格の値段で脱毛することができる場合があるのが嬉しいです。

ミュゼプラチナム公式ホームページはこちら↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする