脱毛前の自己処理は剃り残し注意!シェービングサービスはある?

Pocket

ほとんどのサロンやクリニックでは、脱毛当日には自己処理をしてくるように

と言われます。

また、剃り残しがあると施術できないことがありますなどと、言われることも。

剃り残しってどれくらいなの?

何で施術できないの?と疑問に思いますね。

この記事を読んで疑問の解決の参考にしてみてください。

脱毛前の自己処理、剃り残しがあると何でダメなの?自己処理は必要?

脱毛前の自己処理で剃り残しがあるとなぜダメなのでしょうか。

それはレーザーや光はメラニン色素に反応し、毛根にダメージを与えます。

毛が伸びていると毛根だけではなく、伸びている毛にも反応します。

伸びている毛が肌についていると、肌をヤケドしてしまう可能性があります。

光に反応する面積も増えるため、痛みも強く感じやすくなります。

なので剃り残しがダメだと言われるのです。

リスクや痛みを避けるためにも、自己処理は必要となります。

もう一つの理由として、時間に影響が出ることです。

少しだけならシェービングの時間もそんなにかかりません。

大量に剃り残しがあると、シェービングの時間がものすごくかかってしまいます。

そうなると時間内に脱毛の施術が終わらなくなってしまうからです。

次の予約の人のこともありますので、一人だけに時間はかけられません。

そのため、剃り残しに注意してほしいということです。

脱毛当日に剃り残しがあるとどうなる?シェービングサービスは?

脱毛当日に剃り残しがあるとどうなるのかというのが気になりますね。

剃り残しがあった場合の対応については、各サロンやクリニックによって異なります。

シェービングサービスを無料でやってくれるお店や、有料だけどやってくれるお店。

施術を断られるお店など、様々です。

中には、自分で処理をするのが難しい部位については、無料でシェービングしてくれる

お店もあります。

シェービングサービスがあるから大丈夫、といっていい加減な自己処理ではいけません。

サービスを行っているところでも、大量の剃り残しがある場合は断られることもあります。

なるべく剃り残しがないように丁寧に行いましょう。

見えづらい部分は、鏡で確認するなど注意をしましょう。

脱毛当日の剃り残し、許容範囲は?剃り残しが起きやすい部分は?

脱毛当日にどれくらい伸びていたら剃り残しとされてしまうのか心配ですね。

だいたい2日前~前日に自己処理を行います。

サロンによっていつ処理するかが違うので、指示に従って自己処理をしてくださいね。

前日に剃ったのに次の日には毛伸びてきている…

という人も、結構います。

サロンによって違いますが、だいたい1~2mmの伸びは許容範囲内です。

前日に自己処理をしていれば、次の日にこれほど伸びることはまずないので

安心してください。

すごく伸びているところがあれば、剃り残しの可能性が高いです。

剃り残しが起こりやすい場所は、やはり自分で見えない部分、身体の背面です。

また、肘や膝などの関節部分、膝裏や太ももの後ろなども剃り残しが多いです。

IラインやOラインも自分で処理するのが難しい部分となります。

太くてしっかりとした毛よりも、意外と産毛のほうが剃り残しが多いです。

明るいところで、鏡を見たりとなるべく剃り残しがないように注意をしてくださいね。

最後にオススメのサロンを紹介します。

まずは安さが評判のミュゼプラチナムです。

店舗数は業界No.1なので、きっとあなたの家からも通える店舗が見つかると思います。

ミュゼプラチナム公式HPはこちら↓





次は終わりある脱毛のエステティックTBCです。

他のサロンではない方法で脱毛ができるので、効果が期待できます。

エステティックTBCの公式HPはこちら↓


最後に創業35年、確かな実績のあるエルセーヌです。

脱毛機にもこだわりがあり、効果が期待できます。

エルセーヌ公式HPはこちら↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント