ケノンでハイジニーナは可能?キレイは続くの?

Pocket

ケノンと言えば超有名人気脱毛器です。

ご存知の方も多いかと思います。

そして、脱毛に行きたいけれど行くのをためらってしまうのが、デリケートゾーンです。

お手入れはしたいけど、恥ずかしい気持ちが勝ってしまいがちですね。

そこで人気の脱毛器、ケノンでハイジニーナができるのか、疑問点などを調べました。

ぜひこの記事を読んで参考にしてみてくださいね。

ケノンでハイジニーナはできる?デリケートにも使えるの?

ケノンでハイジニーナにすることは可能なのでしょうか。

デリケートゾーンの脱毛を自分でできれば、気持ち的に楽ですね。

ちなみにハイジニーナとは、VIOすべての毛が無くツルツルの状態のことです。

最近は意外と人気があるんですよ。

ケノンでハイジニーナはできなくはないです。

なぜこの答えになってしまうのかというと、ケノンが使用を推奨しているデリケートゾーンは

Vラインのみだからです。

ハイジニーナを目指すとなると、IラインやOラインのお手入れもやることになります。

IラインやOラインは使用しないようにとなっています。

しかし、レビューなどを見ているとやっている人も多くいます。

そこでケノンの相談ダイヤルに問い合わせてみました。

回答は、

推奨しているのはVラインのみの使用となっています。

レビューなどのIライン・Oラインの使用については、

自己責任となってしまいます。

明確にダメとは言っていませんが、責任は負えませんということですね。

デリケートゾーンは他の部位と比べても、痛みや刺激を感じやすい部分になります。

推奨部位以外となるので、怖いと思う人はやめておいた方が無難です。

ケノンでハイジニーナするのは痛い?冷却すれば大丈夫?

ケノンでハイジニーナを頑張っている人はけっこういます。

痛みはどうかというと、色々な意見がありました。

痛い、痛くない、痛いけど我慢できる、保冷剤を当てれば痛くないなどなど、

やはり痛みの感じ方には個人差があるようです。

ケノンでの脱毛に限らず、デリケートゾーンの脱毛は痛みを感じやすいです。

特にIライン・Oラインは痛いです。

デリケートゾーンが痛みを感じやすいのは皮膚が薄いのと毛が密集して生えている、

そして太くてしっかりした毛が生えているためです。

さらに黒ずみがちな部分でもあります。

脱毛の光は黒いものに反応するため、痛みを強く感じやすいのです。

冷やすことで痛みは軽減されるので、保冷剤などを使用してやってくださいね。

ケノンでハイジニーナ脱毛の効果は続く?永久脱毛はできない!

ケノンでハイジニーナ脱毛はできなくはないということがおわかりいただけたかと思います。

そこで気になるのは、キレイは続くのか?ということ。

痛みに耐え、手間をかけてキレイにしたのだからキレイが続いてほしいですよね。

しかし、永久脱毛ではないため、ほったらかしで効果の持続は難しいです。

ケノンの使用頻度は2週間に1回のペースで、毛が目立たなくなるまで行います。

毛が目立たなくなってからは1ヶ月に1度など、定期的なお手入れをすることで効果を

持続させることができます。

相談ダイヤルの方にもお聞きしましたが、長い期間お手入れをしないとまた生えてくる

可能性があるとのことでした。

永久脱毛を望むのでしたら、クリニックでの脱毛をオススメします。

サロンでも自己処理が必要ないくらいまでキレイになることはできます。

自分でやる手間もありませんので楽ですよ。

全身脱毛などを望んでいる場合には、自分でやるのは大変ですのでサロンをオススメします。

無料のカウンセリングもありますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

最後にオススメのサロンを紹介します。

まずはミュゼプラチナムです。

キャンペーンなども多くやっていて、特定の部分だけ脱毛するのなら非常に安く

脱毛ができることもあります。

ミュゼプラチナムの公式ホームページはこちら↓


次にエステティックTBCです。

終わりのある脱毛で、一度完了した毛が生えてこないという脱毛もあります。

他のお店で効果がなかったという方も一度試してみてはいかがでしょうか。

エステティックTBCの公式ホームページはこちら↓


最後はエルセーヌです。

創業35年の確かな実績があります。

脱毛器にもこだわりがあり、効果に期待ができます。

エルセーヌの公式ホームページはこちら↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする