ケノンは埋没毛にも効果ある?埋没毛はどうやって治す?

Pocket

女性にとってムダ毛の悩みは深刻ですね。

処理をしてもすぐに生えてくるし、肌荒れを起こしたり…

そして多くの人が悩むのが、埋没毛です。

見た目が悪いし、なかなか表面に出てこず厄介なものですね。

そこで大人気脱毛器ケノンで埋没毛を処理することは可能かを調べました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ケノンは埋没毛に効果はあるの?自己処理が埋没毛の原因に!

大人気のケノンですが、埋没毛にも効果はあるのでしょうか。

埋没毛で悩んでいる女性は本当に多くいます。

脱毛で何とかならないかな…と思う気持ちはよくわかります。

ケノンは毛周期の成長期の毛で毛穴が開いた状態のところしか十分な効果を得ることは

できません。

ここで少し埋没毛について説明します。

埋没毛とは、何らかの原因んで毛穴が塞がり、外に出られない毛が皮膚の中で成長して

しまったものです。

多くが、カミソリや毛抜きを使った自己処理で肌や毛穴が傷ついてしまうことが原因です。

つまり、埋没毛は毛穴が閉じた状態になってしまっているということです。

そうなると十分な効果を得ることは難しいです。

それだけではなく、埋没毛に照射することはリスクを伴います。

ケノンで埋没毛に照射するリスクとは?ヤケドのリスクが高まる!?

では、ケノンで埋没毛に照射をするとどんなリスクがあるのでしょうか?

埋没毛の部分が濃く、皮膚の下で丸まっていたり伸びてしまっているとヤケドのリスクが

高まります。

脱毛の光は黒い色に反応します。

埋没毛が多かったり伸びてしまっていると、光がその部分に過剰反応することがあります。

過剰反応することでヤケドになってしまうのです。

これくらい大丈夫と軽視せず、ひどい埋没毛がないかを確認してからお手入れしてください。

ひどい埋没毛などがある場合は、その部分だけ避けてお手入れを行うか、白いテープで保護

してから行って下さい。

ドラッグストアや百均で売っている医療用テープやマスキングテープなどを使うといいです。

肌が敏感な方は、テープの使用にも注意してくださいね。

ケノンで脱毛する前に埋没毛を改善しよう!無理に押し出すのはNG!

ケノンに限ったことではなく、埋没毛がひどい場合にはサロンでもお手入れをしてもらえない

ことがあります。

まずは埋没毛を改善し、脱毛で十分な効果を得られる状態にしましょう。

やってしまいがちなのが、無理に押し出したり抜いたりすることです。

しかし、これはさらなるトラブルの原因となったり、次の埋没毛を引き起こす

可能性があります。

我慢してやらないようにしましょう。

埋没毛はずっと埋もれたままになってしまうわけではありません。

肌のターンオーバーで時が経てば自然と表面に出てきます。

ターンオーバーは約28日周期なので、新しい表皮になるのも待つのが理想です。

しかしそう言ってもいられないかもしれませんね。

その場合はスクラブやピーリングでターンオーバーを促すのも手です。

しかし、肌に炎症などが起きていない状態で使うことが条件です。

炎症などが起きている場合、余計にひどくなってしまうことがあります。

肌を整えるだけでなく、肌トラブルを防ぐためにも保湿は大事です。

保湿することで肌が柔らかくなると、埋没毛も出やすくなります。

乾燥は肌トラブルの大きな原因となるので、普段から保湿を心掛けましょう。

サロンでは埋没毛の脱毛の相談ができます。

一人で悩むよりも相談に乗ってくれる人がいると心強いですね。

あなたに合った脱毛を提案してくれるのでオススメです。

一度無料のカウンセリングで相談だけでもいってみてはいかがでしょうか。

最後に無料のカウンセリングのあるオススメのサロンを紹介します。

まずはミュゼプラチナムです。

キャンペーンなども多くやっていて、特定の部分だけ脱毛するのなら非常に安く

脱毛ができることもあります。

ミュゼプラチナムの公式ホームページはこちら↓


次にエステティックTBCです。

終わりのある脱毛で、一度完了した毛が生えてこないという脱毛もあります。

他のお店で効果がなかったという方も一度試してみてはいかがでしょうか。

エステティックTBCの公式ホームページはこちら↓



最後はエルセーヌです。

創業35年の確かな実績があります。

脱毛器にもこだわりがあり、効果に期待ができます。

エルセーヌの公式ホームページはこちら↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする