除毛クリーム『エピサラ』ってどんなもの?効果は続くの?

Pocket

エピサラは多くの雑誌やメディアに取り上げられた人気の除毛クリームです。

モデルや人気ブロガーも使用していることで話題となりました。

そんな人気のエピサラとはどんなものなのでしょうか。

効果や使い方、成分など気になることはたくさんあります。

ぜひこの記事を読んで参考にしていただければと思います。

エピサラってどんな除毛クリームなの?使い方は簡単!

除毛クリーム『エピサラ』は、塗って放置した後に流すだけでムダ毛の処理ができるという

便利で簡単なものです。

まずはエピサラを1~3mm程度の厚さに塗り、5~10分待ちます。

ヘラやガーゼなどを使って優しくふき取ります。

その後、水やぬるま湯でよく洗い流します。

とても簡単ですね。

除毛クリームのニオイが苦手という人はたくさんいます。

エピサラはほのかなラベンダーの香りで、除毛クリーム独特のニオイがありません。

さらにお肌をいたわる10種類の植物エキス入りです。

除毛しながら、植物エキスによる保湿ケアができます。

ムダ毛処理後はお肌が乾燥しやすくなるので、保湿ケアができるというのは良いですね。

除毛クリーム『エピサラ』の効果は一時的?カミソリよりも効果は続く!

除毛クリーム『エピサラ』の効果はどれくらい続くのでしょうか。

個人差はありますが、だいたい1週間程度続くようです。

使用頻度も1週間に1回となっています。

カミソリだと早い人では次の日にはチクチクと生えてきてしまいます。

カミソリよりもキレイが長続きするのは良いですね。

生えてくる時もチクチクしないというのも良い点です。

簡単でカミソリよりも処理頻度が少なくて済むのは楽ではあります。

しかし、自己処理から解放されることはありません。

また、1週間に1度の頻度で使っていれば、使用部位にもよりますが、かなり量がいります。

ということは、費用がかさむということになります。

除毛クリーム『エピサラ』の成分に注目!肌まで溶かす!?

除毛クリーム『エピサラ』の有効成分は、チオグリコール酸カルシウム。

これは医薬部外品成分です。

タンパク質を溶かす働きを持つアルカリ性の物質で、除毛の効果が認められています。

ここで間違えないでいただきたいのが、脱毛はできないということです。

除毛の効果は認められているけど、脱毛はできません。

チオグリコール酸カルシウムには副作用として、肌荒れや痛みが起こることがあります。

正しく使わなければ皮膚まで溶かしてしまいます。

ムダ毛を処理してキレイになろうと思ったのに、肌がボロボロになってしまっては意味が

ありません。

塗布時間など正しい使い方をすれば安全ですので、必ず守って使ってくださいね。

でも繰り返し使わなければいけないので、肌への負担もあります。

自己処理からの解放もないですし、費用もかさみます。

なので、脱毛サロンの検討もオススメします。

サロンで脱毛を行えば、自己処理のいらない肌になることができます。

そうなれば、自己処理の手間も、肌への負担も減らすことができます。

カウンセリング無料のサロンもたくさんありますので、一度行ってみてはいかがでしょうか。

最後にオススメのサロンを紹介します。

まずは安さが評判のミュゼプラチナムです。

店舗数は業界No.1なので、きっとあなたの家からも通える店舗が見つかると思います。

ミュゼプラチナム公式HPはこちら↓





次は終わりある脱毛のエステティックTBCです。

他のサロンではない方法で脱毛ができるので、効果が期待できます。

エステティックTBCの公式HPはこちら↓

最後に創業35年、確かな実績のあるエルセーヌです。

脱毛機にもこだわりがあり、効果が期待できます。

エルセーヌ公式HPはこちら↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする