ロングセラー、エピラットハニーワックス!肌へのリスクは?

Pocket

クラシエが販売している脱毛ワックス、エピラットハニーワックス。

1983年に日本で生まれた、ロングセラー商品です。

自宅で簡単に脱毛ができることで、人気があります。

しかし、毛を抜く方法での脱毛なので、痛みや肌荒れのリスクはあります。

そこで効果とリスクについて調べました。

この記事があなたのお役に立てればと思います。

エピラットハニーワックスの効果は?キレイにできるコツはこれ!

エピラットハニーワックスは、天然はちみつと水あめでできています。

塗って、貼って、剥がすの簡単3ステップで、待ち時間もありません。

まずは、ワックスを1mm以下になるように、毛の流れに沿って薄く塗ります。

塗ったワックスの上に脱毛シートを毛の流れに沿って置きます。

上からしっかりと抑え、ジェルとシートがくっついたら、時間を置くことなく

毛の流れと逆方向に一気に剥がします。

脱毛後はクリームなどは付けず、清潔な状態を保ってくださいね。

キレイにできるコツとしては、ワックスを厚く塗らないこと、一気に剥がすことです。

これをしないと脱毛効果が弱まってしまいます。

またゆっくり剥がすと、痛みも強く感じやすいので一気に剥がしてください。

効果はその場で確認できます。

個人差がありますが、最大4週間キレイが続くということです。

カミソリよりも長続きするのがいいですね。

エピラットハニーワックスは痛い!?夏のお手入れには向いてない?

エピラットハニーワックスは、毛根から毛を抜きます。

なので、感じ方には個人差がありますが、痛みを感じます。

回数を重ねると慣れてきて、痛くなくなるという人もいます。

そして、夏のお手入れにはあまり向いていないようです。

一つ目の理由としては、脱毛直後は日焼けを避けなければいけないからです。

夏は紫外線が強い時期なので、すぐに日焼けをしてしまいます。

脱毛直後に日焼け止めクリームを塗るというのも、肌に刺激を与えてしまいます。

と、なると夏は難しいように思います。

そしてもう一つの理由が、お手入れをするには毛を伸ばしておく必要があるからです。

脚や腕の毛を5~8mmほど伸ばす必要があります。

まあまあ伸ばさないといけないですね…。

ショートパンツうや半袖を着る時期に、この長さにするのは抵抗があります。

そう考えると、夏に行うには向いてなさそうですね。

エピラットハニーワックスは肌への負担が大きい?リスクも!

エピラットハニーワックスは、毛抜きを使った処理と同じです。

ということは、埋没毛のリスクがあります。

埋没毛は、毛を無理に抜くことで、毛穴と皮膚が傷つくことが原因です。

実際にお手入れの後に赤くなったという意見がありました。

中には出血したという意見も。

毛を抜くという行為はかなり肌への負担が大きく、ダメージを受けます。

埋没毛になってしまうと、見た目が悪くなります。

そしてなかなか改善されないため、かなり悩ませられることになります。

そうならないためにも、一度サロンでの脱毛を考えてみてはいかがでしょうか。

無料のカウンセリングでは、毛の仕組みや悩み相談、脱毛についての詳しい話などを

聞くことができます。

一度行って今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後に無料のカウンセリングのあるオススメのサロンを紹介します。

まずはミュゼプラチナムです。

キャンペーンなども多くやっていて、特定の部分だけ脱毛するのなら非常に安く

脱毛ができることもあります。

ミュゼプラチナムの公式ホームページはこちら↓



次にエステティックTBCです。

終わりのある脱毛で、一度完了した毛が生えてこないという脱毛もあります。

他のお店で効果がなかったという方も一度試してみてはいかがでしょうか。

エステティックTBCの公式ホームページはこちら↓




最後はエルセーヌです。

創業35年の確かな実績があります。

脱毛器にもこだわりがあり、効果に期待ができます。

エルセーヌの公式ホームページはこちら↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする