エピラット敏感肌用とは?他のとどう違うの?

Pocket

エピラットシリーズには敏感肌用があります。

敏感肌用には、除毛クリームと脱色クリームがありますが、今回は除毛クリーム(敏感肌用)

について調べてみました。

敏感肌用は何が違うのか、肌荒れしないのかなど気になりますね。

ぜひこの記事を読んで参考にしていただければと思います。

エピラット除毛クリーム敏感肌用は何が違うのか?肌に優しいの?

エピラット除毛クリーム(敏感肌用)は、デリケートな肌に配慮した処方となっています。

うるおい保護成分も配合されています。

うるおい保護は敏感肌にとって大事なことなのですよ。

敏感肌の人は、同時に乾燥肌であることが多いです。

敏感肌の人に限らず、お肌の乾燥は肌トラブルの原因となります。

乾燥は肌にとって大敵です。

ムダ毛の処理をした後は、肌が乾燥しやすいです。

なので、うるおい保護成分は、敏感肌の人にとって優しい配慮言えます。

また、アレルギーテスト・パッチテスト済みです。

これは全ての人にアレルギーや皮膚刺激が起こらないということにはなりませんが、

購入の際の安心材料となりますね。

エピラット除毛クリーム敏感肌用を使うときの注意点は?一度テストを!

エピラット除毛クリーム敏感肌用を使うとき、敏感肌用だからと安心して使うのではなく、

初めに除毛したい部分でテストを行いましょう。

なぜテストが必要なのか?

敏感肌とは、多くの人には刺激にならない物質に対して、敏感に反応してしまう肌の状態。

体調の変化などにも反応しやすく、肌トラブルが起こりやすいです。

なので初めにテストをするのは、トラブルを避けるためにも大事なことです。

特に肌が敏感な人は2日ほど、お肌に異常がないか様子を見ることをオススメします。

そして体調がすぐれない日や生理の日など、いつもと違うなという日には使用しない方が

無難です。

異常が起きたときはすぐに使用をやめ、場合によっては病院に行くことも考えてくださいね。

エピラット敏感肌用もいいけど…使い続けることを考えると

エピラット除毛クリーム敏感肌用は、デリケートな肌に配慮した処方となっていますが、

刺激はゼロではありません。

また、効果は一時的なものなので、使い続ける必要があります。

サロンでの脱毛も刺激はありますが、配慮してもらえるのと、自己処理の必要がない肌に

なれば、その後は刺激を避けることができます。

無料カウンセリングがあるので、敏感肌であることを相談したうえで、脱毛できるかどうかや

あなたに合ったプランも考えてもらえます。

敏感肌だからこそ、ぜひ一度脱毛のことも考えてカウンセリングだけでも行ってみては

いかがでしょうか。

最後無料カウンセリングが受けられるオススメのサロンを紹介します。

まずはミュゼプラチナムです。

キャンペーンなども多くやっていて、特定の部分だけ脱毛するのなら非常に安く

脱毛ができることもあります。

ミュゼプラチナムの公式ホームページはこちら↓


次にエステティックTBCです。

終わりのある脱毛で、一度完了した毛が生えてこないという脱毛もあります。

他のお店で効果がなかったという方も一度試してみてはいかがでしょうか。

エステティックTBCの公式ホームページはこちら↓




最後はエルセーヌです。

創業35年の確かな実績があります。

脱毛器にもこだわりがあり、効果に期待ができます。

エルセーヌの公式ホームページはこちら↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする